ブランズ文京小石川レジデンス

今回はブランズ文京小石川レジデンスです。


本物件は、いま再開発で注目の後楽園・春日駅にフラットでアプローチでき、かつ、千川通りからさらに一本入った閑静な住宅街となり、総戸数37戸と小規模なマンションながら、注目してみたいと思います。
(再開発については、エリアごとにそのうちTipsでまとめて行きます。)

マンション外観【公式サイトより引用】


エントランス上部には木目調タイルを採用し、全体的にシンプルな当物件の中で個性的な部分となっています。

“ブランズ文京小石川レジデンス” の続きを読む

パークナード代官山

今回はパークナード代官山です。
パークナードは、パナソニックのグループ会社パナソニックホームズが手掛ける新興ブランドで、都心部でもちらほら見かけるようになりました。

本物件は代官山駅徒歩3分、総戸数94戸と規模も大きく間違いなく同社のフラグシップマンションになることでしょう。

マンション外観【公式サイトより引用】
“パークナード代官山” の続きを読む

パークタワー晴海

今回はパークタワー晴海です。
5社JVの販売戸数1,076戸ということで、2019年度都心エリア最大級の注目マンションになります。

本来、この物件を検討する上では、湾岸エリアの将来について議論する必要がありますが、それではあまりに長くなりますので、今回は本物件の特徴や販売コンセプトに注目したいと思います!
(湾岸エリアの将来について想うことは、また別の機会にまとめたいと思います。)

マンション外観【公式サイトより引用】
“パークタワー晴海” の続きを読む

マンション管理費

記念すべきマンションTipsの第1回は、マンション管理費についてです。

マンション投資をする際は当然意識するポイントになりますが、住むために購入する方にとっては意識する機会があまり無い費用ではないでしょうか。

しかし実は物件ごとに価格が大きく異なり、不動産購入後にかかる費用としては非常に大きな部分を締めるため、ぜひ注目頂きたいポイントになります。o(`ω´ )o

“マンション管理費” の続きを読む

ブリリア一番町

今回はブリリア一番町(Brillia一番町)です。

“Brillia”は、言わずと知れた東京建物のブランドですが、
当物件は三菱地所レジデンスとのJVになります。

意外なことですが、番町エリアとしては初めての“Brillia”ということで、物件も販売もかなり気合が入っておりましたので、こちらの物件をご紹介したいと思います。

マンション外観【公式サイトより引用】
“ブリリア一番町” の続きを読む

パークコート千代田駿河台ヒルトップレジデンス

記念すべき第一回レビューはパークコート千代田駿河台ヒルトップレジデンスになります。

こちらの物件はマンション販売には珍しく、完成後の販売です。
千代田区駿河台でのマンション分譲はここ数年無く、分譲会社である三井不動産レジデンシャルも自信満々といったところでしょうか。

エントランス【公式サイトより引用】
“パークコート千代田駿河台ヒルトップレジデンス” の続きを読む