パークタワー晴海

今回はパークタワー晴海です。
5社JVの販売戸数1,076戸ということで、2019年度都心エリア最大級の注目マンションになります。

本来、この物件を検討する上では、湾岸エリアの将来について議論する必要がありますが、それではあまりに長くなりますので、今回は本物件の特徴や販売コンセプトに注目したいと思います!
(湾岸エリアの将来について想うことは、また別の機会にまとめたいと思います。)

マンション外観【公式サイトより引用】

この物件は、確かに2019年度としては最大級なのですが、周辺を見渡しますと、、、

  • ザ・パークハウス晴海タワーズクロノレジデンス(総戸数883戸)
  • ザ・パークハウス晴海タワーズティアロレジデンス(総戸数861戸)

そのため、本物件では、オリエンタルランド監修のもと、マンションギャラリーや物件パンフレットなどの販売から物件本体・ソフトサービスに至るまで、一貫してイマジネーションランドというコンセプトを全面に押し出す戦略をとったようですね。

このイマジネーションランドというコンセプト戦略に対しては、賛否両論吹き荒れておりますが、駅徒歩12分、周辺の開発はまだ途上で、訴求できるような商業施設がない中で、物件の特徴を出すという点においては、大成功したのではないかと思います。

マンションギャラリー待合室【公式サイトより引用】

そしてこの物件はそのコンセプトに共感できるか、価値を感じられるかという点が大きなウェイトを占めるため、専有部・共有部の造作はそれほど重要ではないかもしれませんが。。。

まず共用部ですが、さすがこの規模ですので、コンシェルジュ・ゲストルーム・フットサル場・シャトルバス・・・欲しいものは大概ありますね。
酸素カプセル・ランドリールームなんてのもあります(^_^)

そしてそんな圧倒的な設備がありながら、管理費が325/㎡

安い!・・・とは言えませんが、低く抑えている印象でしょうか。

《マンション管理費の考え方はこちら


続いて専有部ですが、この価格帯としては標準的な仕様です。
一点、最上層階とその下で設備が異なりますが、この価格で標準住戸であっても天井カセットエアコンを備えているのとには驚きました。

エントランス外観【公式サイトより引用】

個人的には、ここまで徹底してイマジネーションランドを押し出すのであれば、マンション名にもイマジネーションランドのコンセプトを盛り込んで欲しかったですね。
そして今後、隣でマンションが開発されるのであれば同様のコンセプトを押し広げていくのが良いのではないでしょうか。

パークタワー晴海ランドとパークタワー晴海シーみたいな。。。やるからには徹底的にやってもらいたいですねo(`ω´ )o


おすすめ住戸
71.65㎡ 6,200万円(坪単価286.1万円)

間取図

おすすめ住戸としては、公式ページを見る限りもう表には出ていないのかもしれませんが、北東側の中高層階になります。

当物件は北東側に建造物が建つ可能性があり、またその計画が不明のため弱気の値つけとなっていました。しかし目の前に建つというわけではなく、数十メートルの距離が確保されることが予想され、この値つけは必要以上の配慮ということが言えるかと思います。

《新築マンションのお得な買い方はこちら


もし興味がある方は、マンションギャラリーへ問い合わせするのが良いと思います。(これだけ大規模ですので、複数戸のキャンセルが出るかと。。)


パークタワー晴海レビュー
各項目を5点満点で評価  🌟1.0点 ✨0.5点

ミクロ立地     🌟✨
投資適正      🌟🌟🌟✨
外観・共用部    🌟🌟🌟🌟✨
設備・仕様     🌟🌟🌟
総合評価      🌟🌟🌟✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。