ディアナコート目黒祐天寺

今回はディアナコート目黒祐天寺です。
本投稿からTwitterとも連動するようにしました。もしお時間ございましたら、フォロー頂ければ幸いです\\\\٩( ‘ω’ )و ////

本物件は、東急東横線祐天寺駅から徒歩10分の閑静な住宅街にある比較的小規模な総戸数30戸のマンションになります。
同じモリモトのディアナコート目黒は非常に秀逸であったため、近いエリアのこちらの物件も否が応でも期待が高まります。

マンション外観【公式サイトより引用】

まず本物件の外観ですが、低層ながら広い敷地が確保できているが故に、総戸数30戸には見えない立派なものになっていますね。

エントランスホールについても吹き抜けではないものの広がりを感じさせる非常に立派なものになっています。

エントランスホール【公式サイトより引用】

一方専有部は、ディアナコート駒場翠景と同じものを使っており、未知数なところはあるものの、ディアナコート目黒とは似て非なるものですね。廊下の収納棚の造りなどに明らかな違いが表れてしまっていますね。

専有部の良さとしては、壁式構造であるため、天井に梁がなくすっきりしているのは良いところでしょうか。こちらについてもキッチンの天井高等はディアナコート目黒と比較すると低いですし、どうしても物足りなく感じてしまいますね。

エントランス【公式サイトより引用】

この物件の最大の懸念は、3方向の強い囲まれ感ですね。もともと住戸が密接して建つエリアであり、仕方がない部分はあるのですが、どの住戸も周辺住戸の目線が気になる距離間です。

また、もう一歩踏み込んで言わせて頂くとそうした欠点がありながら、販売価格が非常に強気なんですね。
眺望があるわけではない上層階の住戸が450万円/坪近くになり、人気エリアの祐天寺駅ですが、周辺中古市場と比較してもかなりのチャレンジ価格ではないでしょうか。


ディアナコート目黒祐天寺レビュー
各項目を5点満点で評価  🌟1.0点 ✨0.5点

ミクロ立地     🌟🌟✨
投資適正      ✨
外観・共用部    🌟🌟🌟
設備・仕様     🌟🌟🌟
総合評価      🌟🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。